現場レポート

2022年3月26日更新

愛媛県今治市M様邸にて塗装工事を行っております。

愛媛県今治市にお住いのM様邸にてスレート屋根、外壁塗装工事を行っております。先日外壁の下塗りまで作業が進んでいるので、外壁のクラック補修から行っていきます。

クラック補修前

外壁のモルタル部分にいくつかのクラック(ヒビ割れ)が入ってしまっています。経年の劣化によりクラックが入った部分から雨水が侵入してしまい壁からの雨漏れを引き起こす原因になってしまいます。クラックができる原因はいくつかありますので、ご紹介します。

乾燥
モルタルやコンクリートなど水を使う外壁材が、乾燥してしまい、外壁の表面を覆っている塗膜が、乾燥が進んでひび割れが生じる

経年劣化
サイディングボードやタイルなどのつなぎ目をふさぐ目地(シーリング)が、紫外線によって劣化することで生じる

揺れ
地震などの揺れによって力が加わり、コンクリートやモルタル、タイルなどの外壁材が耐えきれない場合に生じる
サイディングボードやタイルなどのつなぎ目をふさぐ目地が、地震などの揺れに耐えきれない場合に生じる

 

クラックが入っている部分にコーキング材(シーリング材)という弾力のある樹脂をひび割れに注入して埋める方法が一般的になります。今回使用したのは変成シリコンというコーキング材でコーキングの上から塗料を弾くことなく、塗装ができるものになります。

中塗りを塗っていきます。

下塗りを行った後に仕上げの色となる塗料を塗っていきます。中塗りの段階で凹凸等のない平らでなめらかな下地をつくっておくことで、上塗りがキレイに塗れるため、より美しく仕上げることができます。

中塗り施工後

 

中塗り作業の完成です。使用した塗料は日本ペイントのファインパーフェクトトップND-500というクリーム系の色です。基本的に中塗りと上塗りは“同じ塗料”で塗装をします。たまに、「わざわざ中塗りと上塗りの2回に分けなくても、1回で仕上げられないのか…?」とお客様に聞かれることもありますが、それは難しいです。
塗料は粘り気があるため、1回で多量の塗料を塗装しようとするとムラになります。どんなに腕の良い職人でも1回で多量の塗料を美しく塗り上げるのは、まず無理です。だからといって少量の塗料で薄く塗装すれば、見た目は美しく仕上がったとしても性能に何らかの問題が生じてしまいます。

後日、外壁の上塗りから施工していきますので引き続き現場レポートをご覧ください。


愛媛県の屋根工事・塗装工事・防水リフォーム専門店
株式会社 日本エース開発
https://japan-ace.co.jp/
住所:愛媛県松山市西石井5丁目7-22

お問い合わせ窓口:089-909-9911
(8:00~18:00 日曜定休)

対応エリア:愛媛県全域

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://japan-ace.co.jp/case/
お客様の声 https://japan-ace.co.jp/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積もりだけでもいいのかな?

➡屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://japan-ace.co.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな工事がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://japan-ace.co.jp/contact/


       0円診断実施中